肌の機能の低下を改善できるエイジングケア

肌のターンオーバーは、肌に蓄積される古い角質が剥がれ落ちて排出されますが、年齢を重ねると身体に疲れが蓄積されやすくなります。
その上、肌も古い角質やメラニンがスムーズに排出されずに残りやすくなるので、肌のターンオーバーの周期が乱れることで古い角質が肌表面に蓄積します。
その影響により、肌がたるんだりくすむ原因になるので、エイジングケアで肌を保湿して肌の機能の低下を防ぐのがポイントとなります。
また、女性ホルモンとなるエストロゲンは、女性らしい体型や肌の水分量やコラーゲンを守る役割がありますが、加齢によって分泌量が低下するので、ホルモンバランスが乱れます。
その影響により、肌のハリや弾力を保つコラーゲンも減少するので、加齢に伴ってエイジングサインを感じやすくなります。
なので、エイジングケアにおいて肌のターンオーバーの乱れによって肌表面に溜まった古い角質を洗い落とすには、ピーリング洗顔を取り入れることで対策できます。
ピーリング洗顔は、専用の洗顔料を使って、古い角質を洗い落とす洗顔方法となるので、肌表面を整えれますが、やり過ぎると悪化するので週に1~2回行うのがお勧めです。
エイジングサインは肌に現れ始めると、スキンケアによって対処するのが困難となるので、早い段階からエイジングケアを行って肌の機能の働きを保つのが大切となります。