首のケア方法となるリンパマッサージについて

リンパマッサージや首の筋肉を鍛えるストレッチは、首をケアする方法となります。
首は、乾燥の影響を受けやすいので保湿することで乾燥を防げるだけでなく、首がたるんだりくすんだりするのを予防できます。
首のマッサージを行う目的は、主に血行やリンパの流れを改善することになります。
なぜなら、首は頭を支える部位となるので、首に負担が掛かる形になるため首回りの血行やリンパの流れが悪くなりやすいからです。
また、首や耳の下あたりはリンパの流れを良くするツボが多く存在するので、首のマッサージを行うことで顔のたるみやむくみを改善できます。
ちなみに、首のマッサージを行う際は、風呂上りに実行するのが適しています。
風呂上がりは、体温が上がっている状態となるので、マッサージの効果を高めることができます。
マッサージ用のクリームやローションを首に塗り、両耳の下を中指で押して耳下腺を刺激します。
そして、指先全体で耳の下から老廃物を押し出すようにして、鎖骨に向かってマッサージします。
この時、鎖骨下のくぼみに指4本をあて肩に向かって老廃物を押し出すのがポイントとなります。
また、首のマッサージは往復すると老廃物を戻すことになるので、一方向にマッサージするのがコツとなります。
首のリンパマッサージは、老廃物を押し出して首回りの血行やリンパの流れを改善して顔のたるみやむくみを改善できるので、首のケア方法の一つとなります。