便秘解消に取り入れたい方法として「つま先立ち」を紹介

便秘解消方法におススメなのが「つま先立ち」です。
つま先立ちを5分間行うことで腸を動かし、便秘解消効果を高めます。

つま先立ちの方法は固い床を上に立ち、ゆっくりとかかとを上げてつま先立ちになります。
その状態を5分間キープするというとても簡単な方法です。

つま先立ちのポイントは背筋を伸ばして腹筋に力を入れたままキープすることと、歩いたりしないでその場にじっと留まっていることの2つです。

慣れないうちは壁やイスの背に手を付いて行っても構いません。
また、最初は1分から2分くらいでかかとを下ろしても構いません。
無理をせずに徐々に慣らしていくことが大切です。

つま先立ちが便秘解消に効果的な理由として、ふくらはぎを使うことにあります。
ふくらはぎは下半身に下りてきた血液やリンパをふくらはぎの筋肉が上に押し上げてる役割を担っているポンプのような働きをします。
そこでつま先立ちを行うことで、ふくらはぎに効果的に刺激することができ、血行を良くします。
血行が良くなることで基礎代謝も体温も上がり、それが腸の働きにもつながり、活発になることで便秘解消できるということです。

つま先立ちを毎日の習慣にすることで便秘解消だけでなく、便秘しにくい身体へ改善する効果も期待できます。