足裏のケア方法を間違えるとかかとがガサガサになる

加齢に伴って、肌のターンオーバーが乱れるので、肌の機能が低下して肌の保水力が低下します。
その影響により、肌が乾燥しやすくなる上に、血行が悪くなるのでかかとに角質が蓄積しやすくなります。
そのため、歳をとるにつれてかかとがガサつきやすくなります。
また、足裏のケア方法としてカッターやハサミで行う方法がありますが、カッターやハサミは角質ケアするための道具ではないので必要以上に角質を削りとることになります。
そのため、かかとの角質を初めて除去する人であれば、カッターやハサミで行わないように注意する必要があります。
角質を除去しすぎると、かかとのガサつきが進行しやすくなります。
肌は、中のものを守ろうとするために角質を作るので、角質を削り取ってしまうと肌が固くなってまた中のものを守ろうとする仕組みになります。
よって、足裏のケア方法を間違えるとかかとがガサガサになります。
また、自分の足のサイズに合わない靴を履くと、足が靴の中でズレるのでズレによる摩擦でかかとの角質に厚みが生じます。
さらに、合わない靴を履くことで膝を痛めることにもなります。
足裏のケア方法は正しく行わないと、かかとのガサつきが悪化するので、角質を除去する目的で行うとかかとがガサガサになります。