糖質制限ダイエットの3つの方法を知ることが効果的なダイエットのポイント

糖質制限ダイエットを行うポイントとして、ダイエット効果を高める糖質制限方法を知ることです。
糖質制限ダイエット方法として3つの方法があり1つ目は「スーパー糖質制限」という方法が挙げられます。
1食あたりの糖質を10グラムから20グラム以下にし、1日あたりの糖質を30グラムから60グラム以下にします。
朝昼晩の全ての食事でご飯やパンと言った炭水化物を食べずに糖質制限を行うダイエット方法です。
糖質の摂取量を少なくするのでダイエット効果が最も高いです。

2つ目の方法は「スタンダード糖質制限」です。
スーパー糖質制限と同じく朝昼晩の全ての食事でご飯やパンなどの主食を食べない糖質制限ダイエット方法です。
1食あたり糖質を50グラムから60グラムにし、1日あたりの糖質量を70グラムから100グラムに抑える方法で、スーパー糖質制限と比較すると糖質の制限量がゆるいので無理なくできます。

3つ目の方法は「プチ糖質制限方法」です。
プチ糖質制限方法は1食あたりの糖質を50グラムから60グラム以下にし、1日あたりの糖質量を110グラムから140グラムにします。
全ての食事において炭水化物をカットしなくて良いので最も無理なく糖質制限できる方法です。
糖質を摂取する際は精製度の低い玄米や全粒紛パンを選ぶのをおススメします。

1ヶ月から2ヶ月スタンダードやスーパー糖質制限方法を行って減量した後、プチ糖質制限方法を続けていくことで糖質制限ダイエットを効果的に行うことができます。