しっかりと睡眠をとることがダイエットにつながります

しっかりと睡眠をとることがダイエットにつながります。
逆に睡眠が不足すると太りやすい体質になります。
原因はホルモンバランスが崩れることと、2-AGという食べる際に出る快楽物質が増えてしまうからです。
ホルモンバランスについては、グレリン、レプチド、コルチゾールのホルモンの量が変化します。
グレリンは食欲を増やすホルモンで、レプチドは食欲を抑えるホルモンです。
睡眠不足により、グレリンが増えて、レプチドは減ってしまいます。
さらにストレスが出た時に出るコルチゾールというホルモンが増加してしまいます。
コルチゾールは脂肪を作ることと、グレリンと同様に食欲が増える作用がありますグレリン、コルチゾールにより食欲が増えて、しかも2-AGでより食べることの快楽をより感じるようになった挙句、レプチドが少ないため、満腹を感じにくい状況となり普段よりも食べる量が増えてしまいます。
もし、体重が気になり、ダイエットをするためにジム等に通い運動量を増やすことや食事の量を減らすことよりも睡眠について見直し、睡眠量を増やすことがダイエットにつながります。
ついつい食べ過ぎてしまうという方は睡眠をしっかり取ることが痩せる為の一番の近道になりえます。