スマホが原因?ブルーライトが及ぼす肌への影響!

自宅はもちろん、通勤電車やお店の中、最近では小学生でも持っている「スマホ」。

今までPCから出る「ブルーライト」は、目に悪影響を及ぼすとされていました。

体への悪影響は、近年の携帯電話の技術進歩により、より身近な存在になったのです。

ブルーライトを浴びる大半は、PCやスマートフォンといった電子機器からです。

ブルーライトとは何なのでしょうか?

ブルーライトとは、人の目に見える光の中で、もっとも紫外線に近い強いエネルギーを持った光なのです。

そのブルーライトが、目に悪影響を与えることから、対策としてブルーライトメガネが発売されてますが、悪影響を与えているのは目だけではないのです。

「ブルーライトは、肌にも影響がある!」上記でお話ししたように、紫外線に近いエネルギーなので、肌に影響が出るのも納得です。

紫外線と同じように、強い光エネルギーで肌に影響を及ぼすのは、「光老化」といいます。

光老化は、シミやくすみなどの色素沈着や、肌の乾燥といった肌トラブルを引き起こします。

ブルーライトが、肌にまで影響を与えることから「ブルーライト対策コスメ」が出始め、肌老化への関心が益々高まって来ています。

長時間に渡るスマホの使用では、肌に影響を与えるのは大きいと思います。

肌の老化や肌に悩みを持った方は、目だけではなく肌も守るよう対策をしましょう。